通訳というお仕事についてお仕事の就き方、必要なことを解説いたします!

通訳というお仕事についてお仕事の就き方、必要なことを解説いたします!

国際社会で最も活躍できる職業として多くの人気を獲得している職業に通訳のお仕事があります。この通訳のお仕事に必要な能力やスキルと言えば、まずまっさきに思いつくのが「外国語が話せること」ですよね。では実際に外国語を話せればそれでよいのかといえば、実はそうではありません。今回はそんな「通訳」というお仕事についてご紹介していきたいと思います。

通訳のお仕事に就くためには?

通訳のお仕事に就くためには、インターネットや就職施設で通訳求人募集や通訳求人案件情報を見つけることがまず第一に大切なことですが、通訳の仕事内容によっては必要なスキルやノウハウ、通訳する言語などが変わってくるために、通訳求人募集を掲載している企業や業者のニーズに合わせるためにも、多種多様な言語を覚えて通訳のお仕事に活用することも重要です。ただ、英語以外の言語(フランス語やドイツ語などなど)は長い留学経験があれば、ある程度のお仕事をこなすことができるでしょう。逆に英語などの場合は、前述したとおり、その求人や案件を募集をしている企業のニーズに併せて、さらに「得意なジャンル」、「精通した業界」をいくつか勉強していることも必要とされているようです。たとえば、法律関係、ビジネス関係、インターネット関係など、その業界において特別な用語が多くでるようなジャンルに精通していることも、大きな強みになりえます。

通訳の仕事内容は主に旅行先での通訳や、日本に滞在する外国の方向けでのガイドなどを行なう場合がほとんどです。ただ、通訳といっても一般的には外国語にかかわるお仕事、書籍などの翻訳なども併せて行っている方がほとんどです。

最近ではインターネットなどで通訳や翻訳に関するお仕事の募集広告などが多く掲載されているため、インターネットで理想の通訳求人案件情報などを収集して、通訳の就職活動に活用することが大切です。

インターネットに掲載されている通訳求人案件情報や通訳仕事内容の情報には、さまざまな種類があり、目当ての情報を見つけるためには膨大な労力を必要としますが、通訳の求人情報の専門サイトなどを有効活用することによって、より効率的に理想の通訳の職探しをすることが可能になります。

通訳のお仕事で必要なこと

通訳のお仕事を始めてみようと考えている方は、まず最初に英語力を身に付けるために英会話教室などを受講して、日常会話でも支障なく行なえる程度の英会話ができるようになることが大切です。また、留学経験なども非常に重要であり、TOEIC、TOEFLなどの資格取得などもお仕事を得るために大きな強みとなるでしょう。

さらに英会話をある程度マスターした後は、通訳の専門学校に通いながら、通訳として現地で通用するスキルとノウハウを、または特殊な業界用語にも対応できるように通訳技術を身に付けることも重要になってきます。

通訳のお仕事と言うものは本格的に通訳を始めてからが本当のスタート地点です。本格的に通訳のお仕事の経験を積みながら、より確実に通訳をマスターしてキャリアアップを行うことが、通訳の仕事で大成功を収めるために重要なポイントなのです。

最近ではフリーで活躍されている方も多くいらっしゃいます。これには「クラウドソーシング」サイトの存在がその理由として大きいといえるでしょう。クラウドソーシングサイトで細かな案件(たとえば、WEBサイトのローカライズ、書籍全般などの翻訳などなど)を受注し、実績を積んで、さらには対面での通訳も行えるよう、通訳事務所に在籍して・・・といった方も多いようです。

留学経験を長く持っている方、支障なく日常会話が可能な方など、STRAでもこういった通訳関連の案件をご紹介予定です。ぜひ求人エントリーにご登録をいただければと思います。

あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|特定労働派遣事業届出受理番号:特13-317059|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP