【解説」データベースエンジニアの仕事内容と、その求人状況

【解説」データベースエンジニアの仕事内容と、その求人状況

データベースの運用保守を専門職とするシステム開発に欠かせない存在は皆さんご存知の通りデータベースエンジニアです。データベースの運用保守の仕事内容とは主に論理設計、設備設計などの設計コンサルティングやプログラミングの他、日々の運用管理という重要な仕事もあります。

データベースエンジニアとは

運用保守の仕事は主に日々の仕事の監視や定期的なデータのバックアップ業務です。また、ユーザーの増加に伴う非定期的な業務もあります。データベースの運用保守の募集、データベースの運用保守の案件は拡大の一途をたどり、現在人気職として注目されています。データベースの運用保守の仕事内容に欠かせない事は、SQLと呼ばれるデータベースを操作、作成するための専門の言語の取得です。

データベースエンジニアには必須な「SQL」

SQLは業界共通の言語でオラクルの他にマイクロソフトの「SQLserver」、IBMの「UDB/DB2」、Linuxの「postgreSQL」があります。SQLの特徴はそのオープン性にあり、ほとんどのプログラム言語に埋め込むことが可能です一方、「Excel」で作成したデータはそれらに埋め込んで作業することは出来ないため、SQLをマスターすることはデータベースの運用保守の仕事内容では基礎として必須のものとなっています。

初心者でもスクールに通うことなどによって短期間で取得することが可能です。また、アーキテクチャーというコンピュータ構造についての知識を取得することもデータベース運用保守の案件やデータベース運用保守の募集に対応するために不可欠な要素とも言われています。データベースの運用保守の案件にはコンピュータの本体であるハードウェアやOS、ネットワークに備わる基本的な機能を活用した構築、運用が求められるということですね。

データベースエンジニアの求人状況

データベース運用保守の募集においては、これらの知識、技術の他にもデータベースを使用したシステム開発、クラウド型データベースの経験があると更に有利になってきます。また、事前にシステムトラブルを回避するためのデータベースチューニングとして、論理設計、物理設計、運用設計の知識も求められてきます。

データベースエンジニアとしてさらなるスキルアップを

トラブルの事後的チューニングとしても真の原因究明のために大変肝要な知識となります。データベースの運用保守の案件に対する更なるスキルアップとして、アプリケーションサーバ開発を学習し、システムの変更や更新、増強などが容易に行えるようになることで、データベースの運用保守の仕事内容に幅広く対応出来、データベースの運用保守の募集に有用な人材となることが出来ます。

あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|特定労働派遣事業届出受理番号:特13-317059|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP