CentOSエンジニア案件についての傾向をご紹介します。

CentOSエンジニア案件についての傾向をご紹介します。

CentOSの概要

さまざまな目的に使われるサーバOSに、CentOSが採用されることが非常に多くなってきています。このCentOSが多くの企業で導入されている背景として、商用Linuxで幅広い支持を受けているRedHat Enterprise Linux、略してRHELとの完全互換を目指したディストリビューションということが挙げられます。

もともとRHELはオーブンライセンスにより、提供元のレッドハット社が、そのソースコードを公開しているのですが、CentOSはレッドハット社が所有している商標や商用パッケージを含まない形でリビルドされ提供されています。

さらにCentOSの概要として押さえておく必要があるのが、レッドハット社がCentOSにはサポートを一切行っていないということです。こういったサポートが必要でない企業が、CentOSを使って低コストでサーバを構築したり、データーセンター運営会社がホスティングなどのサービスにおいて、低価格で提供する際に、このCentOSを利用している場面が多く見受けられます。

CentOSエンジニアとしての仕事内容とは

このようなCentOSなのですが、実際にCentOSの仕事内容といえば、その利用目的がサーバ利用になるために、サーバ自体の運用管理が中心になります。もちろんCentOSの仕事内容にはサーバ構築も含まれています。そしてRHELと互換があるということで、数多くの運用管理ツールを利用することができるのも、CentOSの仕事内容として考慮しておくと良い点になります。

さてCentOSに精通したエンジニアとして、その他に実施する仕事といえば、やはりサーバ上で動作させる各種アプリケーションソフトの構築や設定になります。CentOSエンジニアの案件として、当然データベースなども、オープンライセンスのものや、フリーで提供されているものを利用することが多くなります。CentOSのエンジニア案件は、こういった手厚いサポートが受けられる商用パッケージを利用することなく、システムを構築して、運用側に渡せる能力が必要になるのです。

またCentOSのエンジニア案件の特徴としては、小規模のシステムを早期に立ち上げることも多くあります。目的に対して、迅速に作業スケジュールを確定して、構築していくことになりますので、小回りが利く能力も、CentOSのエンジニア案件には必要になってくるのです。

このようなCentOSの仕事内容ですが、着実にニーズが増えてきて、案件も多くなってきています。仮想化やサーバーエンジニアの皆さん、ぜひ改めて挑戦をしてみてください。

あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|特定労働派遣事業届出受理番号:特13-317059|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP