AWS構築会社が伝授〜業者にWEB構築を依頼する際に比較したい点とは?

AWS構築会社が伝授〜業者にWEB構築を依頼する際に比較したい点とは?
クラウドサービスは、日々進化をし続けています。

ところで、「この、クラウドサービスってなに?」との疑問を投げかけられたら、わかりやすく説明ができるでしょうか?

そもそも、クラウド=雲(cloud)もしくは、クラウド=群集(crowd)となるので直訳すると、「雲を奉仕する」や「群集を奉仕する」といった意味になります。

ITにおけるクラウドはクラウドコンピューティングのことを指します。
このクラウドコンピューティング(以下、クラウド)とは、インターネットなどを経由したサービスの提供と定義できます。

しかし現在では、クラウドという言葉自体が、とても広い意味で使われているので、明確に
何かを定義するのは難しくなっています。

それでは、まずはクラウドについてもう少し掘り下げていきましょう。


AWSを知る前に、クラウドについて知ろう


クラウドは、大きく以下の3つのサービスに分けられます。

SaaS:ソフトウェア【主なサービス例:AWSでのS3 GCPでのGmail】
PaaS:アプリケーション用のプラットフォーム【主なサービス例:AWSでのLambda GCPでのApp Engine】
IaaS(HaaS):インフラ(ハードウェア)【主なサービス例:AWSでのEC2 MicrosoftでのAzure】

※また総称をXaaSとも言いますが、あまり一般的には使われません。

このように、クラウドは目的によって使用すべきサービスが違います。
サービスを決定する前に、目的を明確にして、必要なものを選択していくことが重要であり、最短でたどりつく方法だと言えます。

クラウドは、その配置・環境によっても以下のように分類できます。

パブリッククラウド(共有):個人や企業など不特定多数に向けて提供されるクラウド環境
プライベートクラウド(占有):一つの企業で独自に構築・保有し、使用するクラウド環境(オンプレミス型、ホスティング型がある)
ハイブリッドクラウド:上記を組み合わせ、シーンによってクラウド環境を使い分けること

共有と占有の言葉が示す通り、コストや柔軟性、セキュリティなどで、それぞれ長所と短所があります。使用する環境を考慮してから選択すべきでしょう。

最近では、特に、パブリッククラウドが驚異的な進化を遂げ、オールラウンドに使用できるようになっています。
もはや、プライベートクラウドとの垣根も短所も消えているのかもしれません。

これから比較していくAWSやAzure、GCPはパブリッククラウドに分類されます。

さらに、次世代に先駆け、3サービスを提供するパブリッククラウド事業者は、同時にハイブリッドクラウドにも徐々に力を入れ始めています。


AWS?Azure?GCP?パブリッククラウド事業者のシェア比較


ここまで、クラウドについてみてきました。

ここからは、急激な進化を続けており、今後さらなる利用拡大が期待される、パブリッククラウドを具体的に掘り下げていくことにしましょう。

まず、パブリッククラウド事業者の世界シェア(PaaS・IaaSにおいて)TOP3をみていきます。

1位Amazon【Amazon Web Service】
2位Microsoft【Azure】
3位Google【Google Cloud Platform】

となっています。
日本におけるシェアも、この巨大3事業者で寡占状態となっているのが現状です。
実際に、パブリッククラウドでWEBサービスを構築していく場合、この3事業者のどれを選択するかが自然な流れかと感じます。

それぞれに共通している点として、仮想サーバやOS、ストレージなどのインフラ部分だけではなく、IoT、ブロックチェーン、AI、ビッグデータ活用など、幅広いサービスと最新のトレンドを、全世界規模で提供し続けているところが挙げられます。

細かい仕様や性能、料金は違えど、様々なサービスの組み合わせを、必要な分だけ課金して利用するのが、目まぐるしく変化し続ける現代のITにマッチしていると言えるでしょう。


3大クラウド事業者を比較した結果、AWSが一番である理由


では、どの事業者のどのサービスを利用すべきなのでしょうか?
ここでは、AWSを特にオススメします。その理由をいくつか比較して挙げてみます。


▼AWSは世界シェアTOPを走り続けている


3大事業者のなかで、サービス開始の歴史が一番古く、2006年からサービスを提供している老舗であること。
そして、パブリッククラウドの世界TOPを、現在も牽引し続けているのは事実です。長年培ってきた実績と信頼は、サービスを導入する上でも、顧客へのアピールポイントとしても重要な項目だと言えます。
また、AWSに関連するサービス業者も多く、トラブル時の問題解決や、相談やサポートが受けやすいこと、サービスの最適化に近づけるのが強みです。


▼AWSは対応地域が豊富


パブリッククラウドでは、遅延時間を減らし、障害発生時のリスクヘッジのため。
また、高いセキュリティを担保し、安定したネットワークを提供するために、国や地域ごとに、接続ポイント・データセンターを設置する、ゾーンとリージョンという考え方があります。
もちろん、3大事業者を比較しても、全てが多くの国や地域に対応し、各事業者ともに、対応エリアを随時拡大しています。(※2019年7月時点)

日本国内だけを例にとれば、3大事業者を比較しても大差はありません。
しかし、アジア全体で比較すると、AWSとAzureは中国・韓国・インド・オーストラリアでも、多くのゾーンとリージョンがあるため、やや分があるようです。(※2019年7月時点)

より信頼されるWEBサービスを構築するために、各事業者のエリア詳細を確認しておくと良いでしょう。


各事業者の対応リージョンはこちら


AWS https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/
Azure https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/regions/
GCP https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/regions/


▼AWSは無料利用枠が多彩で豊富


WEBサービスを構築する際、実際に利用して比較してみたい方も多いでしょう。
AWSでは、無料クレジットは付与されません。(GCP・Azureでは付与されます)
ただし、主要なサービスは最大12ヶ月間まで無料で利用でき、期間が終了しても一定量までは無料で使用できます。(詳細や条件などは変更になる場合があります)

AWSのプランを参考に、どの事業者も価格競争を仕掛けていますが、(2019年7月時点)
これも世界で一番利用されているクラウドだからこそ。

もちろん、個人や企業の好みや使用感があるので、一概には言えませんが、スキルの汎用性や応用を考えていくと、AWSの無料枠からスタートするのが最善策であると考えます。


各事業者の無料枠の確認はこちら


AWS https://aws.amazon.com/jp/free/
Azure https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/
GCP https://cloud.google.com/free/?hl=ja


▼AWSはクイックスタートもトレーニングも充実


仮想サーバの初期設定や、アプリケーションソフト開発環境の構築など、これまでは専門知識や幅広いスキルが必須でした。

パブリッククラウド時代では、さまざまなセットアップから専門分野の環境構築、更新され続けるサービスに、併走していくためのカリキュラムが豊富に用意されています。

これに関しても、3大事業者ともにトレーニングプログラムはありますが、わかりやすさと使いやすさ、カリキュラムの質、量でAWSが上回っていると言えます。


各事業者のクイックスタートはこちら


AWS https://aws.amazon.com/jp/getting-started/?nc2=h_ql_le
Azure https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/azure/
GCP https://cloud.google.com/gcp/getting-started/#quick-starts


AWS構築会社の結論とまとめ


総合的に判断しても、AWSの世界シェアが、簡単に変わることは考えにくいです。(5年や10年スパン、単一地域や単月シェアではわかりませんが、まだまだその牙城は揺るがないはず!?)

しかも、パブリッククラウドの歴史は、まだまだ始まったばかりです。
今後の進化と変革に対応すべく、AWSのスキルを磨いていくことは必要になっていくでしょう。

AWSは、世界規模の豊富な顧客と、次を見据えた行動力と加速力で、世界TOPを牽引し続けるでしょう。

この、AWS時代の潮流にいち早く乗り、移行や運用、コンサルティングを手がけ、実績を残し続けてきた当社が、クライアント様の最適なAWSを約束します。


    <著者情報>
  • コンテンツ企画・制作編集部
  • STRA株式会社
  •   -  http://stra.co.jp/
  • コンテンツ企画・制作編集部(監修:石岡章司)
  • STRA株式会社のコンテンツ企画・制作編集部ではフリーエンジニアの皆様に向けたお役立ち情報や業務委託案件のご紹介、人材情報のご提供のほか、ホームページ制作を検討中の方に向けたお役立ち情報を日々お届けしています。

「あなたのチカラは、社会のチカラ」をキャッチフレーズにエンジニアの皆様と企業とを結びつけるSES事業を行っています

STRA株式会社のSES事業は、エンジニアの皆様と各プロジェクトをオープンしている企業とを結びつける活動を行っています。取り扱い案件は多数!「OS・仮想化・サーバーエンジニア案件」や「データベースエンジニア案件」、「コンサルタント・PM・PMO案件」、「ネットワークエンジニア案件」はもちろん、「一般事務業務案件」など、多数のお取引実績があります。開発系からコンサルタント系まで、日々当社に寄せられてくる求人情報は100を超えています。ぜひあなたのお力をお貸しください!

すぐにお仕事情報が欲しい方は
こちらよりエントリー!

STRAが全力でお応えします。
どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ種別必須
ご担当者名必須
御社名任意
メールアドレス必須
お電話任意
お問い合わせ内容必須
以下のご利用規約・プライバシーポリシーをご一読、ご同意の上送信してください。
ご利用規約
第1条 規約

本規約は、STRA株式会社(以下「当社」という。)が運営する公式サイト『http://stra.co.jp』(以下、「本ウェブサイト」という。提供される全てのサービスに適用されます。

第2条 サービス

本サービスとは、本ウェブサイトを通じた求職・求人、及び、それに関連するサービスを利用目的とするサービスとします。
ユーザとは、本サービスを利用する個人とします。
本サービスを利用する者は、本規約の内容をすべて承認したものとします。
当社および当社のサービス利用企業は、本サービスを提供する際に、ユーザに対し、Eメールやダイレクトメール、及び郵便、電話、ファックスによって連絡させていただくことがあります。

第3条 禁止行為

ユーザは、次の行為をすることはできません。
登録に際し、虚偽の情報を提供すること。
当社、他のユーザ又は第三者の著作権等知的財産権の侵害に当たる行為。
当社、他のユーザ、又第三者の財産権やプライバシーに関する権利、その他の権利又は利益を侵害する行為。
本サービスで得た情報を、本サービスの利用目的の範囲を超え第三者に譲渡し、又は営利を目的とした情報提供活動に活用すること。
コンピューター・ウィルスや有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為。
本サービスの運営の妨げの可能性がある行為。
本サービスを利用する他のユーザ又第三者を誹謗中傷していると見られる行為。
公序良俗に反すると思われる行為。
法令に反する全ての行為。
その他、当社が不適切と判断できる全ての行為。

第4条 責任

ユーザは自らの意思によって本サービスを利用します。
ユーザーは、自ら登録した情報に関しては、一切の責任を負うものとします。
登録情報は、本サービスを利用するために必要な範囲内で、常にユーザが責任をもって利用目的に沿い、正確、最新に保つものとします。

第5条 登録情報の削除

ユーザによる情報の送信、提供等の行為が本規約第2条に規定された行為に該当する可能性があると当社が判断した場合には、ユーザ通知することなく、当該情報の全部又は一部について、削除、送信停止その他必要と認める措置を講じることとします。
ユーザが本規約の規定に違反した場合には、ユーザに通知することなく、ユーザの登録を抹消できるものとします。

第6条 登録情報の利用

ユーザは、本サービスにおいて提供した情報のうち、個人を特定する情報を以外の情報を、当社が日本の国内外で無償にて使用する権利を許諾したものとみなします。また、ユーザは著作者人格権を行使しないものとします。

第7条(個人情報の取り扱い)

本サービスにおける個人情報の取り扱いについては、「個人情報保護方針」をご確認ください。ユーザは、本サービスを利用する場合には、当該個人情報保護方針を承認したものとさせていただきます。

第8条 サービスの変更

当社は、本サービスの運営を良好に保つため、ユーザに対して事前の通知なく、本サービスの内容を変更することがあり、ユーザはそれに対して異議を申し立てないものとします。

第9条 サービスの停止

当社は、以下のいずれかに該当する事由が発生した場合、ユーザへの事前の通知及び承諾を要することなく、本サービスの停止または終了を行うことができます。
本サービス運営のためのシステム(以下「システム」という。)の保守、更新等を定期的、若しくは緊急に行う必要性がある場合。
通常講ずるべきウィルス対策では防止できない不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合。
突発的なシステムの故障等が発生して、サービスの運営が困難な場合。
その他、不測の事態により、本サービスの提供が困難であると当社が判断した場合。

第10条 ユーザによる登録の削除

ユーザは、自らの意思により本サービスへの登録情報を削除できます。

第11条 免責

当社は、企業情報等の第三者の情報、広告その他第三者により提供される情報、ユーザ等が本サービスに登録し掲載する情報等に関し、内容の正確性について保証しません。
ユーザの本サービスへの登録及び本サービスの利用から生じる一切の損害に関して、当社は責任を負わないものとさせていただきます。
当社による本サービスの提供の中断、停止、利用不能又は変更、ユーザ情報の削除又は消失、ユーザの登録の抹消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連してユーザが被った損害につき、一切の責任を負わないものとします。
本ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、本ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報について、当社は一切の責任を負わないものとします。
本サービスは、就職・転職活動の成功を保証するものではありません。
当社の責任を免責する本規約の条項が消費者契約法等の法令に反することによって無効となる場合や、その他の理由によって当社がユーザに対して損害賠償責任を負うべき場合、当社の賠償責任は、ユーザに生じた直接かつ通常の損害の範囲に限るものとさせていただきます。

第12条 規約変更

当社は、ユーザの承諾を得ることなく、本規約を随時変更することができます。

第13条 規約譲渡

ユーザは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく権利又は義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分ができません。
当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく権利及び義務並びにユーザの登録情報、その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができ、ユーザはその譲渡につき予め同意したものとします。また、会社分割やその他事業が移転する状況を含むものとします。

第14条 損害賠償義務

ユーザが本規約に違反し、当社に対し損害を与えた場合、ユーザは当社に対し、損害賠償義務を負担するものとします。

第15条 準拠法及び管轄裁判所

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する紛争については、当社の本社所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条 実施

本規約は2013年12月24日から実施するものとします。

プライバシーポリシー

STRA株式会社は、個人のプライバシーを扱うサービス業の特性を踏まえ、個人情報の取扱いに細心の注意を払っております。自主規制基準を遵守の上、個人情報の取扱いに関する基本方針を以下のように定め、個人情報の漏洩などを防止し、取扱う個人情報の保護に努めます。

STRA株式会社は、個人情報の取扱いに関する自社の規範を遵守します。

STRA株式会社は、事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。本サービスをご利用するお客様の個人情報は、STRA株式会社が本サービスを提供するために適切な場合に限り使用されます。それには必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないこと及びそのための措置を講じることを含みます。

STRA株式会社は、本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。

STRA株式会社は、個人情報の漏洩、滅失又は紛失の防止及び是正のための措置を講じます。

STRA株式会社では、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施します。

STRA株式会社では、お預かりした個人情報は目的以外には利用しません。


STRAのその他のサービス

STRA株式会社コーポレートサイト STRA株式会社stra.co.jp/ WEB事業 WEB事業stra.co.jp/web
システムエンジニアリングサービス事業 SES事業stra.co.jp/ses WEB-SERVICE事業 WEBパッケージ事業stra.co.jp/web-service
AWS事業 AWS事業stra.co.jp/aws AWS試験対策問題 おまかせスマホ最適化
stra.co.jp/campaign/responsive/
AWS試験対策問題 AWS試験対策問題
SES事業サイト内特設ページ
SECURE事業 SECURE事業stra.co.jp/secure
あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP ↑