プロジェクトマネージャーという仕事

プロジェクトマネージャーという仕事

多くの企業が利用しているコンピューターシステムはシステムエンジニアやプログラマーが多く携わるプロジェクト単位で開発されています。サーバーやネットワークなどのインフラを担当するチーム、コアとなるシステムを構築するプログラマー、必要とされるデータベースなどを構築する専門のエンジニア、さらに高度でミッションクリティカルな要件(交通や金融などのインフラシステムなど)の場合はセキュリティーの専門チームなども必要となってくる場合もあります。そうして、こういったさまざまなチームをまとめあげ、プロジェクトをマネジメント統括する職業がプロジェクトマネージャという職業です。

プロジェクトマネージャーとしての定番デビュー?

コンピュータシステムを構築する企業においては、プロジェクトマネージャーの仕事をこなす人材はほとんどがその企業でシステムエンジニアやプログラマーとして活躍してきた人が押しあがる形で勤めているケースが多いようです。ただ、システムエンジニアやプログラマーとは職務内容がかなりの面で異なるため、いろいろと苦労もあるようです。多くの人を統括し、管理する能力を求められるという点で、少々特殊な職業であると言えます。

また逆に、コンピュータシステムと言う分野ではなくても、多くの人を統括、管理していた人であればこのプロジェクトマネージャーという仕事は適職であるともいえます。コンピューターの知識がないことを不安に感じることもあるかもしれませんが、仕事のメインは人の管理、統括なのでそういった心配は不要であると言えます。

もしもプロジェクトマネージャーに興味がある、プロジェクトマネージャーに転職したいとお考えの人であれば、まずはシステム開発会社のプロジェクトマネージャー募集やプロジェクトマネージャー求人を探してみましょう。もちろん企業のホームページだけでなく、転職サイトなどにもプロジェクトマネージャーの求人は多くあります。こういった部分からもそれだけ需要も多く、注目を集めている職業であることがうかがえます。もちろんSTRAでもこういったPMやPMO案件のご紹介をさせていただいておりますので、ご興味のある方はぜひスキルシート作成の上ご応募を宜しくお願いいたします。

プロジェクトマネージャーとして問われる管理能力

どの企業もそうなのですが、マネジメント面を分厚くする人材は非常にニーズがあります。多数のスタッフを擁する部門ではこの傾向はさらに強くなります。スタッフのメンタルや勤怠・スケジューリング、適任適正を見極めたチーム配属やタスクの割り振り、他部門との調整や折衝、数値管理など、高度な管理能力が問われます。最近まれに耳にする言葉で「今管理職に最も必要とされる3大能力は?」というものがあります。答えは「英語力」、「プログラミング」、「マネジメント」です。これらの能力は管理職には必須となってきています。

プロジェクトマネージャーに関して言えば、企業や、広く世界で利用されるコンピューターシステムの構築を目の当たりにし、多くのシステムエンジニアやプログラマーを統括、管理し大規模なプロジェクトを成功させてみたい、という熱意があるのであれば、まずは第一の志望動機としては十分であるといえます。プログラミングやコンピューターの知識に関してはそれほど不安を持つ必要はありません。なぜならば、プログラムに関することは専門のシステムエンジニアなどへしっかりと委任することがプロジェクトマネージャーの仕事であるともいえるからです。自分はその任務である、人の統括や管理に専念して、個々の分野に関してはその分野のスペシャリストに任せることもプロジェクトマネージャーの大切な仕事の一つ。すべてを自分でやる必要はまったくありません。予算などを見ながら、いかに早くプロジェクトを成功させるか。この目的にそって外部から各スペシャリストを呼び寄せ、どんどんタスクと責務をドリルダウンさせてプロジェクト完遂までを華麗に導いていく。

こんな敏腕プロジェクトマネージャーのそばでプログラマーやSEとして仕事に携わってきた方であれば、憧れや羨望を抱くことでしょう。今行っているそのあなたの仕事もいずれはこういった大規模なプロジェクトをまとめあげる「マネジメント能力」として開花してゆくのかもしれません。

あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|特定労働派遣事業届出受理番号:特13-317059|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP