AWS開発を依頼する際は無料見積もりを活用してコストカットを!

AWS開発を依頼する際は無料見積もりを活用してコストカットを!
Webシステムには様々な意味があり、その意味毎に必要な開発費用が大きく変わるのが特徴です。一見すると金額が分かり辛いWebシステム開発費ですが、見積もりを行えば思わぬ経費削減になるかもしれません。


少しでもwebシステム開発費を抑えたい!と思われるならまずは無料見積!

少しでもwebシステム開発費を抑えたい!と思われるならまずは無料見積!
Webシステムという単語は、実は最近になって出来た単語の一つで、その文脈に応じて複数の意味を持ちます。

WebアプリやWebサービスの事を指したり、サーバ間やクライアントとサーバの間で情報を受け渡しする仕組みの総称であったり、複数のクライアントがサーバー経由でブラウザーやインターネットを利用するシステムの総称として使い分けられているため、同じ「webシステム」でもその意味が前後する場合があるのですが、要約すれば「ネットと自社を繋ぐシステムである」というのが主な意味合いでしょう。

このように、多様な意味をもつWebシステムですが、 その代表的な種類とその費用の相場を見ていきましょう。(注:個々での費用相場は規模や目的に応じて大幅に変化するので、あくまで目安としてお考え下さい)


1、コンテンツマネージメントシステム(CMS)


CMSはhtmlでのコーディングに関する知識が無くともホームページが作れるよう作られたソフトウェア・アプリケーションで、一般的にはブログやSNSに使われます。代表的なものにWordpress, MovableTypeなどがあり、開発費用の相場は50万円~とされています。


2、ECサイト


インターネット上で自社の製品やサービスを提供する、独自運営の差異との事を指し、構築にあたって個人情報を保護するためのセキュリティや、決算機能といった知識が必要となります。自社サイトなどとも呼ばれ、開発の費用は50万円~とされています。

なお、オプションや提供する商品数によってかなり大幅に費用が掛かりやすいため、何千もの商品をホストする場合は注意が必要です。

 

3、口コミサイト


転職やアルバイトの時や、商品の購入を検討している消費者が、それらに対する意見や感想を載せられるサイトの事で、様々な場面で活躍するのが特徴です。

相場は40万~で、会員登録して口コミを投稿するだけのシンプルな機能であれば、費用を抑えることが出来ますが、オプションによりコストが上昇する可能性があります。

その他ビジネス間や消費者間でのペア作りを行うマッチングサービス(100万~)、スレッド(一つのトピックでコメントを糸状にまとめたもの)上にコメントを投稿でき、質問や回答が出来るQ&Aサイト(40万~)や、社内や消費者に向けて情報を発信できるSNS(100万~)などがありますが、共通して言えることは、オプション(必要な機能)、および規模や目的によって開発費用が大きく上下する事です。

このため、市場で相場の価格は計算できますが、ビジネス毎のニーズは異なる為、その値段が参考にならない場合も多々あります。
 
そこで見積もりを行えば自分の欲しい機能や目的に関して総合的に値段を確認できるのですが、多くの場合企業は事例類推法で見積もりを出しているのです。これは過去の似ている事例から見積もりを出す手法ですが、開発費はオプションなどの具体的な項目に依存する部分が大きいので、そのような過去の事例が参考にならない場合も十分想定できます。

AWSのSimple Monthly Calculator(簡易見積ツール)をはじめとして、自分の欲しい機能を入力すれば、正確な値段を算出してくれるサービスが出始めているので、一度料金がどの程度になるかを確認する事をお勧めします。AWSのシステムは初期費用0、使用した分だけ料金が発生する従属課金制なので、自社開発するのに比べて安く収まるかもしれません。

ここでは最後に軽く触れただけですが、次の項目ではより具体的にシステム開発にかかる料金について見ていきましょう。


webシステム開発費

webシステム開発費
Webシステムの開発には、企画から納品までに様々な費用が生じます。ここでは見積書でよく出てくる費用の種類と、その内訳を見ていきましょう。


1、要件定義費用


システム開発にあたってどういった目的を持っているかを基に、開発するシステムの仕様や実現方針の大まかな内容を決定する為のヒヤリング時に発生する費用です。


2、設計費用


要件定義を基に、基本的な部分の設計や、内部の詳細を設計するための費用です。


6、購入費用


システム開発のソフトウェアの購入費用です。


5、導入費用


導入するにあたって初期設定などを行う費用です


3、開発費用


基本設計及び詳細設計を基に、実際にシステムのプログラミングをする際にかかる費用です。


4、テスト費用


プログラミングでシステムが設計通りに機能するかの動作確認を行う費用です。


7、運用、保守費用


システム導入後、バグが発生した場合の改修や、昨日の修正にかかる費用です。


前章でも触れた通り、webシステムの導入はランニングコスト(システムを維持するための月々の費用)の上に多種・多額の初期費用が生じる為、一般的には初期投資が高いのがネックですが、AWSのクラウドサービスは、必要な機能だけを選択し、その分だけ料金を払えば導入において発生する様々な初期費用を払わずに済むため、こういった投資をせずともWebシステムで様々なコンテンツやサービスを消費者に届けることが出来ます。

また、AWSの見積もりツールは必要な機能を入力すれば月々の正確な料金が把握できる為、自社開発を考えている場合でも料金の比較が可能です。
 
さらに、多額の初期費用の上に、月々のランニングコストが固定費用となりがちな自社開発に比べて、従属課金制であるため使用した分だけの変動費として余分な出費を防ぐこともできるのも、AWSの大きなメリットです。サーバーを設けたり、システムを構築する費用などが省けるため、思わぬ費用削減になるかもしれません。
 

AWS無料見積もりツールとAWSのコスト


AWS 簡易見積りツールには先ほど軽く触れましたが、無料見積もりを行う企業も少なくありませんし、競合他社にもWebシステムの作成サービスはあります。その中でAWSのメリットとは何なのかを、ここでは紹介したいと思います。


1、AWS簡易見積もりツールは、正確かつ包括的


多くの企業が事例類推で見積もり価格を出す中、利用するサービスが1つの場合でも、10個以上であっても、AWSの簡易見積もりツールを利用すれば正確な月額料金を見積もることが出来ます。個々として、又は複合的にサービスの料金を見積もることが出来、テンプレートも存在するのでサービス全般の価格を評価することが出来るのです。

よく利用されているサービスに着目して作られた使用方法の説明資料もあり、利用予定のサービスの使用量に応じた料金見積もり方法が分かりやすく説明されているため、誰でも簡単に見積もりが出来ます。

よく使われるサービスの使用料別料金表もあるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

2、AWSは初期費用が0


Webシステムの開発には多額の初期費用と、固定費用として扱われる月々のランニングコストがつきものですが、AWSのウェブサービスはそういった出費を削減したい方にオススメです。実際にどの程度のコスト削減が期待できるかを知りたい方は、簡易見積もりツールを利用すれば正確な月額を算出できます。

「AWSを利用するかもしれないけど、自社開発や競合他社と比べて、利用額はどうだろうか」とお考えの方も、一度無料見積もりを行ってみては如何でしょうか。算出された月額を、他者や自社開発時の導入コストやランニングコストと比較して、最終的にどちらが得になるかを考えてみるのも良いでしょう。
 

3、オンデマンドなので変更が効く


Webシステムを開発したものの、「当初必要だと思って導入した機能やサービスが結局不要となってしまい、開発で余分に出費をしてしまった」「新しく必要となったオプションが発生したが、その導入で更に出費が必要となってしまった」といったように、途中で機能を付け足したりするには別料金での開発費が発生してしまい、不要となった機能を排除しても、そのロスは「死に金」と化するのが一般的ですが、AWSはオンデマンド(必要に応じて、の意)制なので、余分な料金が発生せずに、いつでも機能の調整が可能です。つまり、開発の段階で生じてしまうロスもなく、導入後も追加の出費は新しいサービスの月々の利用額分だけです。

先ほど述べた通り、毎月の利用額は使用料別料金表や見積もりツールで確認できるので、一度無料見積もりを行ってみるのをお勧めします。

Webシステム開発の諸経費や、見積もりによって期待できるコスト削減について述べてみました。これからWebシステムを導入したい方は無料見積もりを行ってみるのはどうでしょうか。自社開発や競合他社と比べ、安く収まるかもしれません。


    <著者情報>
  • コンテンツ企画・制作編集部
  • STRA株式会社
  •   -  http://stra.co.jp/
  • コンテンツ企画・制作編集部(監修:石岡章司)
  • STRA株式会社のコンテンツ企画・制作編集部ではフリーエンジニアの皆様に向けたお役立ち情報や業務委託案件のご紹介、人材情報のご提供のほか、ホームページ制作を検討中の方に向けたお役立ち情報を日々お届けしています。

「あなたのチカラは、社会のチカラ」をキャッチフレーズにエンジニアの皆様と企業とを結びつけるSES事業を行っています

STRA株式会社のSES事業は、エンジニアの皆様と各プロジェクトをオープンしている企業とを結びつける活動を行っています。取り扱い案件は多数!「OS・仮想化・サーバーエンジニア案件」や「データベースエンジニア案件」、「コンサルタント・PM・PMO案件」、「ネットワークエンジニア案件」はもちろん、「一般事務業務案件」など、多数のお取引実績があります。開発系からコンサルタント系まで、日々当社に寄せられてくる求人情報は100を超えています。ぜひあなたのお力をお貸しください!

すぐにお仕事情報が欲しい方は
こちらよりエントリー!
[contact-form-7 404 "Not Found"]
あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP ↑