AWS移行を検討している担当者必見!最低限必要な検討事項・注意点とは?

AWS Database Migration Service(DMS)
Amazon Web Service(AWS)は、世界No.1のシェアを占めているクラウドサービスです。

現在、オンプレミスでシステムを構築・運営している企業でも新しくシステムを構築する時や、既存のシステムを見直しする時にはAWSを選択肢に入れることが多いのではないでしょうか?

どのような内容を検討して、どのような手順で進めていくのが良いのか?また、事前に把握しておきたいAWS移行時の制約条件などをまとめてみたいと思います。


理由と目的を明確にする

理由と目的を明確にする
AWSを利用と思った理由は何でしょうか?現在、オンプレミスで運用している中で起こる問題や、これから先に懸念事項となりそうなことなど理由に当たることは様々あります。

「何となくAWSを利用すると安いのでは?」であったり、「その方が運用が円滑になるのではないか?」など些細なきっかけになりそうなこともしっかりと把握しておいた方が良いです。実際にAWSを利用し始めた後に、ズレを感じることが少なくてすみます。

いくつかの代表的な背景をあげてみたいと思います。

初期コストについて


これは新しくシステムを構築する際によくある事例ですが、オンプレミスでシステムの構築を実施することを考えると、サーバーやネットワーク機器などのハードウェアを用意する必要があります。同様にデータセンターの確保も必要になりその維持費を考えてAWSを検討するケースがあります。


運営体制について


オンプレミスで運用しているケースの中には、情報システムが全て管理をしているケースが見られます。しかし、運用面での負担などを懸念事項として企業のHPや新しいサービスの提供時にはAWSをはじめクラウドサービスを検討するケースがあります。


ハードウェアの管理の見直し


サーバーでは、容量不足や耐久性などが問題になるケースが多く、実際に必要な容量を確保できなくなってからクラウドサービスへの切り替えをするケースもあります。ネットワーク機器やHDDなど、壊れてしまった時の対処などを含めて検討することがあります。


障害の対応について


オンプレミスで物理サーバーを運用している場合に障害の対応には早くても数時間がかかります。バックアップがある前提で、サーバーをセットアップし直しもう一度データを入れ直す作業があるためです。


検討すべきポイント

検討すべきポイント
実際に、AWSへの移行に関しては実際に業務への影響が少ないものから進めていくのが安全です。新しいサービスの提供や、コーポレートサイトの運用などであれば基幹部分には影響が少なく済みます。

しかし、そうであって運用を始める前に注意が必要な点がいくつかあるのでまとめてみたいと思います。


新システム導入時のデータ移行の時


事前に把握しておきたい注意事項としては、AWSのサービスごとに制約条件があります。制約条件を把握しておかないとオンプレミス運用しているシステムとAWSとの連携が取れなくなってしまうケースが考えられます。

制約条件の中でわかりやすいものをあげると、AWSサービスでは利用できるOS(WindowsやLInux)と利用できないOS(AIXなど)があげられます。また、OSではWindowsでもWindows2000以前のバージョンにも対応していません。

また、データ移行にはデータ量に応じて必要となる時間があることを把握しておく必要があります。ネットワークで行うのか、AWSのサービスを利用して行うのかなど安全にデータ移行ができる環境が必要となります。


運用コスト管理


運用後のコスト管理についてはしっかりと数年後を意識して計算をしてみましょう。AWSで運用をしようとしてるシステムによっては、コスト面でのメリットを得られないケースもあります。
短期的に必要になるシステムやサービスの提供では、コストはオンプレミス環境を構築するよりも大きく削減できる傾向にあります。しかし、個人での利用をはじめ小規模の場合通常運営をしているだけでも、コストは大きくかさんでしまうケースがあります。

企業での展開を考えていても、利用するサービスによってはコストがイメージしているよりも大きくなることがあります。しっかりと計算しておくことが大切です。


システムメンテナンス時の対応について


運用面では、AWS側のメンテナンスにあわせてダウンタイムが発生することがあります。事前メッセージはあるものの、AWSへの移行をする前には、把握をしておくことが大切になります。

そのほか、障害時の対応などについても検討が必要になります。


AWSへの移行手順は?


移行をする場合は、どんな手順で進めていく必要があるのでしょうか?理由や目的をはっきりさせておくことで、それに適したサービスを探していくことになります。

実際の手順をまとめておきたいと思います。


目的や理由を明確にする。


自社の状況や移行しようとした目的や理由を明確にしておきます。現在では、さまざまな理理由からAWSを検討する方が増えています。自社にとって目的とする点や改善点などをしっかりと洗い出すことが必要です。


新システムに必要な要件を洗い出す。


目的や改善点が明確になれば、新システムの中で必要となる要件の洗い出しができるようになります。実際には、目的が達成できる要件を明確にしておくことが大切です。外部要件と内部要件を明確にしておくことで、実際に必要となるAWSサービスを選択するために必要です。そして、運用をしていく際にも必要となります。


AWSでの運用が、オンプレミスで運用するよりも有利な点を明確にする。


オンプレミスで運用していく方が、目的を達成できるシステムもあります。移行時には、一時的に作業などの負担が増えることになりますが、その点を考慮してもAWSを利用する必要を確認しておきます。


AWSで運用する際のサービス構成を設定する。


AWSでの運用時に利用するサービスを明確にしていきます。構成をしっかりとしておくことで、実際の運用時の負担を軽減できるほか、AWSのサービスの中で目的を達成するため
に利用できるサービスを選択していくこともできます。運用後に変更していくこともできますが、その度にかかる負担やコストを考えると事前に構成を固めていくことが必要です。


コストについての計算・検証を行う。


初期コストや運用にかかるコストを計算します。実際に運用し始めると突発的な原因でコストがかかるケースもあります。事前に予測できるイベントなどはしっかりと把握することが必要です。また、オンプレミスで数年(5年など)でかかるコストととの比較も必要となるでしょう。

AWSには、スポットインスタンスと呼ばれるEC2インスタンスの中で使用されていないインスタンスに価格をつけ利用ができるサービスがあります。中断されることもありますが、短期的な利用の場合にはコスト削減に繋がります。


移行作業を開始する。


AWSでのサービス構成が決まった段階で、AWSサービスでテスト運用を行います。事前に設計した要件を満たせるかどうかを確認します。確認ができれば、データの移行作業をします。

AWSでは、ストレージやデータベースへの移行を円滑にできるサービスも用意されています。利用すれば安全にデータ移行が完了できます。

その後は、運用をしながら改善や修正・検証を行なっていくことになります。

現在、オンプレミス環境で運営をしている企業には5年1度のベンダーなどとの契約等が悩みの一つになっていることもあるそうです。管理体制を見直す一環として、AWSの利用をする企業や新サービスの提供にAWSを利用している企業もあります。

規模によっては、情報システムなどの専門部署がなく現在のシステムをどうすれば目的が達成できるのかなど、実際にはどうすれば良いのかわからないこともあると思います。そういった場合にはAWSが用意しているコンサルティングパートナーを利用する方法やAWSコンサルッティングを利用することも一つの選択肢となります。

Amazon Web Service(AWS)は、世界No.1のシェアを占めているクラウドサービスです。

現在、オンプレミスでシステムを構築・運営している企業でも新しくシステムを構築する時や、既存のシステムを見直しする時にはAWSを選択肢に入れることが多いのではないでしょうか?

どのような内容を検討して、どのような手順で進めていくのが良いのか?また、事前に把握しておきたいAWS移行時の制約条件などをまとめてみたいと思います。


理由と目的を明確にする


AWSを利用と思った理由は何でしょうか?現在、オンプレミスで運用している中で起こる問題や、これから先に懸念事項となりそうなことなど理由に当たることは様々あります。

「何となくAWSを利用すると安いのでは?」であったり、「その方が運用が円滑になるのではないか?」など些細なきっかけになりそうなこともしっかりと把握しておいた方が良いです。実際にAWSを利用し始めた後に、ズレを感じることが少なくてすみます。

いくつかの代表的な背景をあげてみたいと思います。

初期コストについて


これは新しくシステムを構築する際によくある事例ですが、オンプレミスでシステムの構築を実施することを考えると、サーバーやネットワーク機器などのハードウェアを用意する必要があります。同様にデータセンターの確保も必要になりその維持費を考えてAWSを検討するケースがあります。


運営体制について


オンプレミスで運用しているケースの中には、情報システムが全て管理をしているケースが見られます。しかし、運用面での負担などを懸念事項として企業のHPや新しいサービスの提供時にはAWSをはじめクラウドサービスを検討するケースがあります。


ハードウェアの管理の見直し


サーバーでは、容量不足や耐久性などが問題になるケースが多く、実際に必要な容量を確保できなくなってからクラウドサービスへの切り替えをするケースもあります。ネットワーク機器やHDDなど、壊れてしまった時の対処などを含めて検討することがあります。


障害の対応について


オンプレミスで物理サーバーを運用している場合に障害の対応には早くても数時間がかかります。バックアップがある前提で、サーバーをセットアップし直しもう一度データを入れ直す作業があるためです。


検討すべきポイント


実際に、AWSへの移行に関しては実際に業務への影響が少ないものから進めていくのが安全です。新しいサービスの提供や、コーポレートサイトの運用などであれば基幹部分には影響が少なく済みます。

しかし、そうであって運用を始める前に注意が必要な点がいくつかあるのでまとめてみたいと思います。


新システム導入時のデータ移行の時


事前に把握しておきたい注意事項としては、AWSのサービスごとに制約条件があります。制約条件を把握しておかないとオンプレミス運用しているシステムとAWSとの連携が取れなくなってしまうケースが考えられます。

制約条件の中でわかりやすいものをあげると、AWSサービスでは利用できるOS(WindowsやLInux)と利用できないOS(AIXなど)があげられます。また、OSではWindowsでもWindows2000以前のバージョンにも対応していません。

また、データ移行にはデータ量に応じて必要となる時間があることを把握しておく必要があります。ネットワークで行うのか、AWSのサービスを利用して行うのかなど安全にデータ移行ができる環境が必要となります。


運用コスト管理


運用後のコスト管理についてはしっかりと数年後を意識して計算をしてみましょう。AWSで運用をしようとしてるシステムによっては、コスト面でのメリットを得られないケースもあります。
短期的に必要になるシステムやサービスの提供では、コストはオンプレミス環境を構築するよりも大きく削減できる傾向にあります。しかし、個人での利用をはじめ小規模の場合通常運営をしているだけでも、コストは大きくかさんでしまうケースがあります。

企業での展開を考えていても、利用するサービスによってはコストがイメージしているよりも大きくなることがあります。しっかりと計算しておくことが大切です。


システムメンテナンス時の対応について


運用面では、AWS側のメンテナンスにあわせてダウンタイムが発生することがあります。事前メッセージはあるものの、AWSへの移行をする前には、把握をしておくことが大切になります。

そのほか、障害時の対応などについても検討が必要になります。


AWSへの移行手順は?


移行をする場合は、どんな手順で進めていく必要があるのでしょうか?理由や目的をはっきりさせておくことで、それに適したサービスを探していくことになります。

実際の手順をまとめておきたいと思います。


目的や理由を明確にする。


自社の状況や移行しようとした目的や理由を明確にしておきます。現在では、さまざまな理理由からAWSを検討する方が増えています。自社にとって目的とする点や改善点などをしっかりと洗い出すことが必要です。


新システムに必要な要件を洗い出す。


目的や改善点が明確になれば、新システムの中で必要となる要件の洗い出しができるようになります。実際には、目的が達成できる要件を明確にしておくことが大切です。外部要件と内部要件を明確にしておくことで、実際に必要となるAWSサービスを選択するために必要です。そして、運用をしていく際にも必要となります。


AWSでの運用が、オンプレミスで運用するよりも有利な点を明確にする。


オンプレミスで運用していく方が、目的を達成できるシステムもあります。移行時には、一時的に作業などの負担が増えることになりますが、その点を考慮してもAWSを利用する必要を確認しておきます。


AWSで運用する際のサービス構成を設定する。


AWSでの運用時に利用するサービスを明確にしていきます。構成をしっかりとしておくことで、実際の運用時の負担を軽減できるほか、AWSのサービスの中で目的を達成するため
に利用できるサービスを選択していくこともできます。運用後に変更していくこともできますが、その度にかかる負担やコストを考えると事前に構成を固めていくことが必要です。


コストについての計算・検証を行う。


初期コストや運用にかかるコストを計算します。実際に運用し始めると突発的な原因でコストがかかるケースもあります。事前に予測できるイベントなどはしっかりと把握することが必要です。また、オンプレミスで数年(5年など)でかかるコストととの比較も必要となるでしょう。

AWSには、スポットインスタンスと呼ばれるEC2インスタンスの中で使用されていないインスタンスに価格をつけ利用ができるサービスがあります。中断されることもありますが、短期的な利用の場合にはコスト削減に繋がります。


移行作業を開始する。


AWSでのサービス構成が決まった段階で、AWSサービスでテスト運用を行います。事前に設計した要件を満たせるかどうかを確認します。確認ができれば、データの移行作業をします。

AWSでは、ストレージやデータベースへの移行を円滑にできるサービスも用意されています。利用すれば安全にデータ移行が完了できます。

その後は、運用をしながら改善や修正・検証を行なっていくことになります。

現在、オンプレミス環境で運営をしている企業には5年1度のベンダーなどとの契約等が悩みの一つになっていることもあるそうです。管理体制を見直す一環として、AWSの利用をする企業や新サービスの提供にAWSを利用している企業もあります。

規模によっては、情報システムなどの専門部署がなく現在のシステムをどうすれば目的が達成できるのかなど、実際にはどうすれば良いのかわからないこともあると思います。そういった場合にはAWSが用意しているコンサルティングパートナーを利用する方法やAWSコンサルッティングを利用することも一つの選択肢となります。


    <著者情報>
  • コンテンツ企画・制作編集部
  • STRA株式会社
  •   -  http://stra.co.jp/
  • コンテンツ企画・制作編集部(監修:石岡章司)
  • STRA株式会社のコンテンツ企画・制作編集部ではフリーエンジニアの皆様に向けたお役立ち情報や業務委託案件のご紹介、人材情報のご提供のほか、ホームページ制作を検討中の方に向けたお役立ち情報を日々お届けしています。

「あなたのチカラは、社会のチカラ」をキャッチフレーズにエンジニアの皆様と企業とを結びつけるSES事業を行っています

STRA株式会社のSES事業は、エンジニアの皆様と各プロジェクトをオープンしている企業とを結びつける活動を行っています。取り扱い案件は多数!「OS・仮想化・サーバーエンジニア案件」や「データベースエンジニア案件」、「コンサルタント・PM・PMO案件」、「ネットワークエンジニア案件」はもちろん、「一般事務業務案件」など、多数のお取引実績があります。開発系からコンサルタント系まで、日々当社に寄せられてくる求人情報は100を超えています。ぜひあなたのお力をお貸しください!

すぐにお仕事情報が欲しい方は
こちらよりエントリー!
[contact-form-7 404 "Not Found"]
あなたのチカラは、社会のチカラ|STRA株式会社|Copyright © 2013 STRA Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP ↑